スポンサードリンク

ネイルチップとは

ネイルチップというのは、プラスチックで作られたつけ爪のこと。

爪の形をしたチップの着脱可能なものを総称し、「ネイルチップ」といいます。

市販のネイルチップがそのまま地爪に合う人はあまりいないため、やや大きめのネイルチップを買って、根元のカーブや端をやすりで削って合わせることがほとんど。

ネイルチップの接着方法は様々ですが、もっとも簡単なのは両面テープで、他にも、ネイルチップの裏に粘着剤がついているような便利なものもあります。

粘着剤でネイルチップを接着させると、地爪とよく密着すれば、一週間程度はつけたままでOKですが、地爪にカビが生えたり、接着剤にアレルギー反応を起こす人もいます。

ネイルチップは、両面テープで吸着させ、長くても一日程度ではずすのが安全でしょう。

両面テープで接着することで、ネイルチップを何度も使えますし、接着剤を使うより地爪にやさしいでしょう。

衝撃でネイルチップがはがれやすいというデメリットはあるものの、ネイルチップ初心者には特に、両面テープでの接着がおすすめです。

今はネイルアートが施されたネイルチップを、自分の爪のサイズに合わせて通販できるショップもあるため、アクセサリー感覚で爪のおしゃれを愉しめます。

ネイルチップを使うことで、実際に地爪にネイルアートをするよりも、より手軽に、おしゃれしたいときだけ楽しめます。

ネイルチップをこまめにはずすことで、地爪にネイルアートをしているときのように、日常生活に支障が出ることはないでしょう。

[PR]ネイルチップ 通販

★この記事が参考になったと思っていただけたら、
ぜひ「応援クリック」をお願いします。<(_ _*)>
また、人気ブログにはさらなるお役立ち情報もたくさんありますよ。
人気ブログランキングへブログランキング


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。