スポンサードリンク

ネイルチップ作り方は?

ネイルチップ作り方のご紹介です。

プロの手でネイルアートを施されたネイルチップは、どうしても数千円はしてしまいます。

もっと手軽にネイルチップでの爪のおしゃれを愉しみたい人にオススメなのが、自分でネイルチップを作ること。

ネイルチップ作り方は非常に簡単で、全てのネイルチップを利き手で塗れるため、自分の爪にネイルアートするよりも、ネイルチップにする方が上手にできます。

必要なものは、無地のネイルチップ(45枚入りで800円程)、ラインストーン、シールなどのネイルアート用の飾り、いらない雑誌、両面テープ、爪楊枝、マニキュア、トップコート、ベースコート。

ネイルチップの裏に、油性マジックなどでしるしを書きましょう。

右手の親指なら「R1」、左手の小指なら「L5」のように、そのネイルチップがあとでどの爪につけるものなのか、自分でわかるようにしておきます。

雑誌に両面テープを貼って、ネイルチップの裏を接着し固定してください。

この際、手と同様に親指から小指まで並べて固定するとわかりやすいです。

作業しやすいように、ある程度の間隔をあけておいて、下準備ができたら、ネイルチップに好みのマニキュアを塗ります。

まだ一度目なので、ごく薄めに、均一に塗りましょう。

乾いたら、もう一度塗ります。

ネイルチップの裏に書いた字がみえるようであれば、三度塗りします。

部分的にラメ入りのトップコートなどを塗れば、華やかになります。

爪楊枝の先にトップコートをつけ、ラインストーンなどの飾りをつけ、ベースコートを塗ったネイルチップの上にそっとのせて、好みでシールなども使うといいでしょう。

仕上げにトップコートを塗ったら、出来上がり。

[PR]ネイルチップキット

★この記事が参考になったと思っていただけたら、
ぜひ「応援クリック」をお願いします。<(_ _*)>
また、人気ブログにはさらなるお役立ち情報もたくさんありますよ。
人気ブログランキングへブログランキング


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。