スポンサードリンク

ネイルチップつけ方

ネイルチップつけ方により、フィット感が異なります。

正しいネイルチップのつけ方としては、まず、地爪を短く削ること。

地爪を短くしておかないと、ネイルチップの吸着感が弱まってしまうのです。

次は、ネイルチップを自分の爪にあてがいつつ、ネイル用のやすり(ファイルなどという)で丁寧に削ります。

ネイルチップの根元部分のカーブと横幅を、自分の爪にフィットするように、少しずつじっくりと削ります。

ネイルチップの裏側に両面テープを貼って、はみ出した分はきれいにカットします。

ネイルチップのカーブと地爪が手く合わないようなときは、両面テープを何枚か重ねるといいでしょう。

両面テープの吸着面を指で触ると、接着力が弱まるため、極力さわらないでください。

ネイルチップを貼る前によく手を洗って、リムーバーやアルコールで地爪の油分を拭き取っておくこと。

爪の付け根にネイルチップを合わせ、先端に向かって傾けるようにして貼りましょう。

なるべく空気が入らぬように、慎重に貼ります。

やりづらいようでしたら、地爪に両面テープを貼り、ネイルチップをつけてもいいと思います。

両面テープの粘着度が増すまでには、やや時間がかかるため、貼った直後には触らずにしばらく放置します。

できるだけ水には触れず、強い衝撃も与えないこと。

手を洗う際は、手のひらだけを水に濡らすか、ウェットティッシュを使いましょう。

[PR]ネイルチップ 通販

★この記事が参考になったと思っていただけたら、
ぜひ「応援クリック」をお願いします。<(_ _*)>
また、人気ブログにはさらなるお役立ち情報もたくさんありますよ。
人気ブログランキングへブログランキング


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。