スポンサードリンク

つけ爪をしたら痛い場合


つけ爪をしたら痛い場合には、つけ爪と自爪の形がちゃんと合っていないのでは?つけ爪は自分の爪の形に合ったものを選びますが、それでもぴったりとは合わないので、爪用のやすりでつけ爪の根元の部分を削り自爪に合わせなくてはなりません。

面倒だからと、そのままつけると、つけ爪が爪の付け根のところにくい込んで痛いのです。

つけ爪の接着剤やリムーバーでかぶれた、火傷したという例もあり、つけ爪をはがすため、短期間で何度も強いリムーバーを使用すると痛みが生じます。

つけ爪を長期間つけっぱなしにすると、つけ爪と自爪の間にカビが生えてしまうのは有名です。

女子プロゴルファーの上田桃子選手がつけ爪と一緒に自爪を剥がしてしまったのも、一時期話題になりましたよね。

強力な接着剤でつけ爪と自爪を接着すれば、誰にでも起こりうるのです。

もちろん、生爪を剥がせば非常に痛い。

つけ爪が取れないようにしたいからと、瞬間接着剤で自爪につける人もいますが、場合によっては本当に取れなくなり、溶剤で溶かすしかないこともあります。

ネイルグルーも瞬間接着剤ですが、つけ爪用であるといわれているものでさえ自爪を傷めてしまうものなので、普通の瞬間接着剤を自爪につければ、どれだけ自爪が傷むかわかりますよね。

ちなみに、自爪が傷んだら、健康な爪に生え変わるまで、半年くらいかかります。

★この記事が参考になったと思っていただけたら、
ぜひ「応援クリック」をお願いします。<(_ _*)>
また、人気ブログにはさらなるお役立ち情報もたくさんありますよ。
ブログランキング


このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。